2012年07月23日

やさしい日曜日

本日7月22日(日)、宇都宮二荒山神社のバンバ市民広場にて
イベント『やさしい日曜日』Vol.10が開催されました。

DSCN1045.JPG


NEWBURYはデザイナーズ家具・雑貨の販売として参加。

ブース.jpg


小雨がちらついていましたが、みなさん元気!
食べ物の販売あり、アートの展示あり、無料体験あり、ベリーダンス公演あり・・。
盛りだくさん!
たくさんの方にご来場いただきました。

IMG_1200.JPG

posted by NEWBURY at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | STAFF DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

お知らせ

IMG_1179.JPG
ブログを再開します!
posted by NEWBURY at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | STAFF DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

新Gallery Of NewBury準備中

こんにちは。
いつもGallery Of NewBuryをご愛用いただきありがとうございます。
おまたせしてます新店舗情報をちょっとご紹介しちゃいます!
新店舗では、セレクトしたこだわりのFurniture、Clothing、Antiqueはもちろん、Sounds&Live、さらにVintageBikeやExoticCarなど、さらに暮らしが楽しくなるアイテムを取り揃える予定です。
詳細は徐々にお知らせしていきますのでお楽しみに!

posted by NEWBURY at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | INFORMATION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

Kartellドリームハウス。

こんにちは。

ギャラリーオブニューバリー ネットショップ店長Sakiです。

私も大好きな バービー人形が昨年50歳の誕生日を迎えました。

世界各地でお祝いパーティーが催されたそう。

いろんなブランド、デザイナーがバービーとコラボしました。


Kartell
もそのひとつ。バービーのドリームハウスを作りました♪

barbie kartell.bmp


モスキーノのヴィンテージドレスを身にまとい

Kartellの家具に囲まれて佇むバービー。

「ルイ ゴースト(Louis Ghost)」や

スツール「チャールズ・ゴースト(Charles Ghost)」が

ピンクと白を基調とした「ドリームハウス」に並びます。
 


写真に見える青いのはボエムですね。

ミニチュアサイズのKartell・・。

この目で見てみたい!欲しい・・。


posted by NEWBURY at 16:58| INFORMATION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

Kartellの魅せ方。

こんにちは。

NEWEBURY ネットショップ店長sakiです。

今年4月にミラノであった

世界家具見本市のKartellブースが素敵でしたので

ご紹介します♪


salone2008_kartell3.jpg

こんなです。

すごいアイデアだなー。

日本ですと 鶴と亀でこんなのがありますが(笑)

ティムバートンの世界みたい。

ミスターインポッシブルとヴィクトリアゴーストでしょうか。


このチェアたちは、雨なんてなんのその!

外で使っても大丈夫!という事を

伝えているのでしょうね。

posted by NEWBURY at 11:29 | TrackBack(0) | STAFF DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

佐藤可士和さんとフリッツハンセン。

こんにちは。
ニューバリーネットショップ店長sakiです。

11月20日のTV番組「アナザースカイ」はみなさんご覧になりましたか??
アートディレクターの佐藤可士和さんが出演されてました。

佐藤可士和.jpg

この番組はゲストの第二の故郷(アナザースカイ)を紹介する番組です。
佐藤可士和さんのアナザースカイは、デンマーク・コペンハーゲンです!!

佐藤可士和さんは、デザインが溶け込むデンマークの文化に驚かされたと言います。

デンマークといえば・・フリッツハンセン本社があります。
1872年に創業された北欧を代表する家具メーカー。
アルネ・ヤコブセンなど優れたデザイナーとのコラボレーションにより
数々の名作を生み出しています。

フリッツハンセンの本社と工場の様子が流れていました。

セブンチェアが造られている様子を見る事ができました!!

セブンチェア.jpg

機械の作業ではありましたが、重要な作業は機械に頼るのではなく、
やはり人手によって委ねられています。
プレス加工以前の単板は、型にあてはめてられ職人さんによって切断されてました。

セブンチェアの色見本がディスプレイされていましたがとってもキレイでした♪

色見本セブンチェアー.jpg

フリッツハンセンの社長・ヤコブホルム氏のお話もありました。

緑色のソファに腰掛けての対談。
緑色×黄緑×黄色・・のソファだった気がします。
テーブルの上にキャンドルがゆらゆら・・。
そのキャンドルもソファーの色とコーディネートされて素敵。
時代を超越したデザインの素晴らしさについてお話しになってました。

日常生活にデザインが溶け込む街・コペンハーゲン。

佐藤可士和さんは、人間の生活を豊かにするためにデザインが
存在するのだと改めて感じたとお話ししていましたよ。

posted by NEWBURY at 17:35| Comment(10) | TrackBack(0) | STAFF DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

LOUIS GHOST。

こんにちは。

NEWBURY ネットショップ店長のSakiです!

今回は kartell の ルイ・ゴーストのお話を。

このルイ・ゴースト。 ルイと言えば・・。

ルイ16世ですね。マリーアントワネットのご主人です。

そうです。ルイ16世が生きたバロック時代を

フィリップ・スタルクが今風にカッコよく再現してます!

LOUIS%20GHOST_main-s.jpg

LOUIS GHOST ¥40,950−

華やかでエレガント+スタイリッシュなデザインです。

写真はマット白・黒タイプですが

その他にクリスタルタイプがあります。

(クリスタル・グレー・イエロー・オレンジ・グリーン・ブルー)

こちらは キャンディーのように可愛らしく、ポップな仕上がりです。

デザインばかりではありません。

こちらの素材はポリカーボネートになってます。

傷や衝撃に強いんですよ。

室内はもちろん屋外でもガシガシ使えます!

(でも丁寧に使ってあげてくださいね。)

とっても楽チン、スタッキングタイプになっています。

オープンカフェに置かれた ルイ・ゴーストと一緒に

フィナンシェを ほおばれたら最高です♪

posted by NEWBURY at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | STAFF DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじめまして。

こんにちは!

NEWBURY ネットショップ 店長のSakiです。

この度 ネットショップ部門 の店長として

このブログを書かせていただく事になりました!

私目線で 素敵な家具・小物たち・・。

それにまつわる楽しいお話しができたらいいなぁと思っています。

よろしくお願いいたします♪



 

posted by NEWBURY at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | STAFF DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

宮崎椅子製作所の魅力

01.jpgR+Rチェア ¥33,330〜


前回に引き続き、宮崎椅子製作所のお話です。
前回のお話で宮崎椅子製作所の技術力を感じて頂けたのではないでしょうか。

宮崎椅子の魅力を上の写真R+Rチェアをデザインした小泉誠氏の話を通してお話していきたいと思います。

04.jpgR+Rチェア。カーブした背もたれ。

小泉誠氏は、家具は勿論、建築、小物、町づくりとあらゆるデザインを取り組むデザイナーです。
写真のR+Rチェアは、2004年のグッドデザイン賞を受賞しました。

小泉氏のデザインするものは、シンプルかつ機能美で溢れたものばかりです。下記に小泉誠氏のURL
を記載させて頂きます。
http://www.koizumi-studio.jp/

小泉氏と宮崎椅子の間で起こったこんな話があります。
「部材が一本足りない。」
それは、図面を基に商品の試作品を製作している段階で起こりました。

当然小泉氏は、なぜと問います。しかし、宮崎氏はこう答えました。
「その方が良いと思った。」


「デザイナーの図面通りのものを作りあげる事はしたくはない。」
それでは、小泉氏の作品です。宮崎椅子製作所でしか出来ないものを作りたかったのです。

100点のモノではなく120点のものを作りたい。それは、勿論ユーザーのためです。

デザイナーと技術者がお互いに意見交換しながら、よりよい製品を作りあげていく。
「ワークショップ」方式という製作方法をとったそんなユニークであり魅力的な工場のお話でした。

http://www.newbury.co.jp/chair/r+r_chair.html
posted by NEWBURY at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | STAFF DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

興味深い椅子

DSC05699.JPG(左)R+Rチェア (右奥)PePeチェア

前回ご紹介したアカセ木工社さんのダイニングテーブル[WILD WOOD ALTO TABLE]と一緒に写っていた椅子の今日はお話です。

左手前は、小泉誠さんデザインの「R+Rチェア」。美しいシンプルな構造が印象的です。

今日は、村澤一晃さんデザインの右奥のPePeチェアのお話です。

どちらも、宮崎椅子製作所の商品です。



DSC05937.JPGPePeチェア 写真は、ブラックチェリーの脚。¥36,360〜

とても、座りやすい椅子であると同時にとても面白い椅子です。

脚先の断面は丸い形をしております。

DSC05934.JPG脚からひじ掛けのジョイント部分の写真。「フィンガージョイント」

フィンガージョイントという特殊な接合技術です。名前は見た目のままで理解しやすいです。
デザイン的にも○ですが、強度面も高いです。

写真からだと分かりにくいのですが、脚から肘掛の断面を目で追っていくと、丸が丸四角になってます。肘掛は手を置くととても手触りが気持ちいいです。

DSC05935.JPG肘かけから背もたれへと向かう接合部分。

ところが、肘掛から背もたれへと目を向けると、断面が次第に丸へと戻っていくのです。
いくら目で追っても、その変化になんら不自然さを感じません。


目の錯覚とでも表現できそうなデザイナーの遊び心(冒険心?)と、フィンガージョイントなど作り手である宮崎椅子製作所の技術力の高さがとても伝わってくる商品です。


写真はブラックチェリーの商品ですが、他にもブナ材、ナラ材、アッシュ材、メープル材、ウォルナット材を選択できます。また、座面の張り地も選択できます。詳しくは、当店HPまでどうぞ。


http://www.newbury.co.jp/bland_miyazakiisu.html
posted by NEWBURY at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | STAFF DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。